リウマチ体操:腕・ひじ編

2017/11/13

治療

自分でできるリウマチ体操をご紹介します。今回は、ひじの体操です。

痛みが強い状態で無理をして動かすと、関節に負担がかかり症状が悪くなってしまうこともありますので「無理なく、動かせる範囲」で行いましょう。

ひじ・腕の体操

リウマチ体操のポイント

●痛みがある程度治まっている時に行う。
●動作はゆっくりと。勢いや反動はつけずに行う。
●体操と体操の間は、深呼吸でリラックス。
●それぞれ10回ずつ、1日2度を目安に。

 

ひじ・腕の運動Ⅰ

下記の(A)⇒(B)を繰り返します。

 

図A

ひじを机につき、腕をまっすぐ前に伸ばして下ろします。机などの上に手の甲をのせます。

次に手を返して、ひじ、手のひらを机にぴたっとつけます。

 

図B

机の上に腕をおいたまま、手のひらを上向きにして引き上げ、下げます。

 

 

ひじ・腕の運動Ⅱ

下記の(C)⇒(D)を繰り返します。

 

図C

ひじを机につき、腕をまっすぐ前に伸ばして下ろします。

 

 

図D

手のひらが口に届くまでひじを曲げ、次に前へ伸ばします。

 

リハビリテーションは補完的なものと考えられがちです。たしかにリハビリだけで病気が治ることはありませんが、他の治療と並行して行うことで良い効果が現れます。日常動作の不自由さを防ぐために、非常に重要な役割を担っているのがリハビリです。

 

この記事のタグ

この記事の監修

湯川リウマチ内科クリニック 院長
日本リウマチ学会専門医・評議員
湯川宗之助

湯川リウマチ内科クリニック