リウマチ体操:肩編

2017/11/21

治療

自分でできるリウマチ体操をご紹介します。今回は、肩の体操です。

痛みが強い状態で無理をして動かすと、関節に負担がかかり症状が悪くなってしまうこともありますので「無理なく、動かせる範囲」で行いましょう。

肩の運動

リウマチ体操のポイント
●痛みがある程度治まっている時に行う。
●動作はゆっくりと。勢いや反動はつけずに行う。
●体操と体操の間は、深呼吸でリラックス。
●それぞれ10回ずつ、1日2度を目安に。

 

肩の運動Ⅰ

背筋を伸ばしてたらした腕を前へ後ろへと伸ばします。

リウマチ体操 肩

 

肩の運動Ⅱ

たらした腕を外側へ伸ばし上げます。

リウマチ体操 肩

 

肩の運動Ⅲ

両手を体の横につけ、力を抜いて、肩を上げ下げします。

リウマチ体操 肩

肩の運動Ⅳ

ひじを伸ばしたまま、両腕を少し開いて、手のひらを前後に返します。

リウマチ体操 肩

 

肩の運動Ⅴ

ひじを曲げ、肩を内側⇒外側へ回します。

 

肩の運動Ⅵ

手を肩から背中の方に回し、できるだけ下の方に伸ばします。

 

肩の運動7

手の甲を背中の肩甲骨(けんこうこつ)の間におき、つよく押します。

 

肩の関節は、手指や手首についで関節リウマチでおかされやすい部分です。

関節リウマチの痛みによって関節が動かしにくくなると、周囲の筋力が低下し、動かせる範囲も狭くなってしまいます。リウマチ体操を取り入れ、機能を維持していきましょう。

この記事のタグ

この記事の監修

湯川リウマチ内科クリニック 院長
日本リウマチ学会専門医・評議員
湯川宗之助

湯川リウマチ内科クリニック