手指に起こる関節リウマチ特有の変形

2017/08/28

症状

手指の病変は、最初は「こわばり」「腫れ」となって現れますが、病気が進行するにつれて変形が起こってきます。この記事では、関節リウマチ特有の指の変形について紹介します。

いったん変形した指は、そのままの形で固まる

関節リウマチの変形は、いったん変形してしまうとそのままの形で固まってしまいます。関節リウマチ特有の変形は5つあります。

 

尺側偏位(しゃくそくへんい)

親指をのぞく4本の指の付け根の関節が、ずれたり亜脱臼を起こして指が外側(小指側)に曲がってしまいます。進行が遅いため、患者さんは徐々に慣れていき、機能障害はあまり感じないことが多いといわれています。

 

ボタン穴変形(ボタン・ホール変形)

指の第2関節の炎症がつづくと、指の背側の関節包が引きのばされ、腱が裂けて、骨が飛び出ます。そのため、第2関節は出っぱって内側へ曲がり、第1関節は外側へそって、ボタン穴のような形になります。

 

スワン・ネック変形

3関節の炎症がつづくと、指を伸ばす「すじ」が手のひら側にずり落ち、第3関節が曲がり、第2関節がそり、第1関節は曲がって、白鳥の首のような形になります。

 

Z字変形

親指に起こる変形です。第1関節が曲がり、ヒッチハイクをする時のような形になります。ものをつまむ動作が不自由になります。

 

ムチランス変形

骨が破壊されて溶けてしまい、指が短くなります。また筋肉・皮膚がたるんで指に力が入らなくなります。指を引っぱると、オペラグラスのように伸びちぢみするため、オペラグラス変形ともよばれます。

この記事のタグ

この記事の監修

湯川リウマチ内科クリニック 院長
日本リウマチ学会専門医・評議員
湯川宗之助

湯川リウマチ内科クリニック